Language

Currency

BRAND STORY RSS

2021年11月22日

和紙屋|和紙ソムリエが手がける美しき意匠(越前和紙)

質量ともに全国一の和紙生産地として知られる越前和紙の郷で、明治4年(1871年)から和紙問屋を代々営んできた「和紙屋 杉原商店」。2010年から同社を率いるのが10代目の杉原吉直氏だ。「和紙ソムリエ」の異名を持ち、伝統を大切に受け継ぎ...

2021年11月9日

ミツワ硝子工芸|江戸切子界に吹き込む新風(江戸切子)

江戸時代から続く伝統工芸「江戸切子」。その中で、1971年に創業の「ミツワ硝子工芸」は比較的若い工房だ。創業以来、伝統を大切に受け継ぎながらも、常に新しいものづくりに挑戦して、江戸切子の世界を広げようとしている。   若手職人が活躍す...

2021年11月7日

大阪錫器|「用の美」の体現(大阪浪華錫器)

錫(すず)が日本に伝わったのは今から約1300年前。錫は希少性が高く、抗菌作用に優れていることから、古来より酒器や茶器として珍重されてきた。1949年に設立された「大阪錫器」は、先人たちの技術や知識を受け継ぎながら、現代のライフスタイ...

2021年10月29日

山田硝子|ガラスに刻む美しき紋様(江戸切子)

国および、東京都の伝統工芸品に指定されている江戸切子。東京の下町で3代・80年にわたって続く「玻璃匠 山田硝子」は、江戸切子、花切子の両技法を駆使できる数少ない工房だ。伝統的な技を守りながらも、革新的な表現を加え、個性が光る商品を生み...

2021年10月22日

今村能章|未知の世界を探る「陶」の表現者

独自の世界観を持ったオブジェや器を生み出し続けている今村能章(いまむらよしあき)。今村氏のものづくりは、工芸、アートの枠に収まらない。彼にとって陶芸とは、土と炎の出会いによって生み出される究極のケミストリー。窯から取り出した「未知なる...

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

メインメニュー

Shopping Cart

Your cart is currently empty.
Shop now